So-net無料ブログ作成
検索選択

入門したらいいじゃないか! [ブログ]

コーヒーを飲んですこし眠気を覚まして為替について書いています
基本的な事ですが為替はある通貨を買う売る事により違う通貨へと交換する取引を行
い一定期間そのまま保有した後に最初に行った取引とは逆の売買を行う事により利
入門.jpg
益または損益を確定させる事により成立しますね。
もう少し分かりやすく説明すると日本YENを売ってアメリカ$を買った後にしばら
くアメリカ$を保有しておきその後アメリカ$を売り日本YENを買う事でアメリ
カ$を保有していた間にアメリカ$を買った時より通貨価値が変動していれば
利益や損益が出ると言う事になりますね。
このようにして為替の取引は行われるのですが最初に取引を行ってからその取引の利
益や[ふくろ]損益を確定させるまでの間が通貨の価値が変動する事となるので運用している
資産に対してriskを背負っている状態となりますね。
つまりこのriskを負っている状態の時間が短ければ短いほど高いレバをかけたと
しても[ふくろ]総合的に考えるとriskが小さくて済んでいると言う事になりますね。
近年の為替取引では優れた売買システムの導入による取引の高速化が行われておりプ
ロのtraderの中にはスキャルピングtradeと言ってriskを負う時間を数秒

~数分の間にして1日に何度も売買を繰り返すtraderもいますね。
こう言ったスキャルピングtraderの様に短期売買を行う人はriskを負う時間
[ふくろ]普通のtraderと比べて極端に短いために高いレバによる取引を行っていたと
しても取引の全体的なriskと言う意味では低レバにて長期間保持する取引と同じ
riskを負った資産運用を行っていると言えますね。
つまり為替初心者の方々もレバと上手く付き合っていくためには自分の資産をrisk
に晒す[ふくろ]時間に対してのレバ率を上手く設定する事でriskに対してのリワードが整
った運用になりやすくなりますね。
またriskの許容量については逆指値ストップを入れる事により損切りを行う事で
高いレバでの取引を行った場合でもriskリワードを[ふくろ]調節する事ができますね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。